• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 46825
  • 公開日時 : 2021/03/17 00:00
  • 印刷

「彷徨いメラニン」とは何ですか?

回答

本来、メラニンを含んだ細胞はまっすぐ肌表面に進み、垢となり定期的に排出されますが、加齢や紫外線ダメージの蓄積により、
メラニンを含んだ細胞が進む方向がわからなくなり肌内に停滞してしまうことをアテニアでは、「彷徨いメラニン」と呼んでおります。
今回の研究では、「彷徨いメラニン」が蓄積することで、シミやくすみを悪化させるとともに、ハリ・弾力低下やしわを同時発生させる
原因になることが分かっています。
 

疑問は解決しましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対しての個別の回答はできませんので、ご了承ください。
※個別のお問合せは「ご質問窓口(メール・電話・有人チャット)」をご活用ください。